次期新型トヨタ 86の最新スパイ写真/スクープ情報/プロトタイプ

イギリスの自動車メディア「motor1.com」によると、トヨタ 86のスクープ情報が新たに公開されたようです。

ついに、2代目トヨタ86が初公開された。ミシガン州アナーバーの賑やかな通りでテストを受けているところを捉えられたプロトタイプは、インスタグラムユーザーのKystifyによって発見されました。クリップは数秒しかないが、我々は長い間86についてのニュースを待っていたので、我々が得ることができるものを取るだろう。

トヨタとスバルは、2つの日本のブランドがそれぞれ86とBRZのフォローアップがあるだろうと発表したときに、2019年9月に正式に彼らのスポーツカーのタイアップを継続する計画を確認しました。噂のミルは広範囲に働いていますが、後輪駆動のクーペが次回作でどのような方向に進むのかについての公式な詳細はまだありません。ありがたいことに、隣接するスパイビデオは、トヨタ版と思われるエクステリアデザインについてのアイデアを私たちに与えてくれます。

一般的な形状とプロポーションは似ているように見えるが、フロントとリアのデザインは、今日の 86 と比較してかなり異なっているように見えます。私たちだけかもしれませんが、この重くカモフラージュされたプロトタイプは、Gazoo Racingが2013年初頭に発表した86ベースのGRMNスポーツFRコンセプト・プラチナ(上の写真)をどこか彷彿とさせます。

数年前に “GT “という名称を避けていた86は、再び “GR “という接尾辞を付けるようですが、今回はGazoo Racingが関与していることを示すために “GR “とし、GRスープラやGRヤリスを反映させています。米国では2022年のモデルイヤーに登場すると予想されており、トヨタの関係者によると、車は2021年7月に米国で発売されるとのことです。

このスパイビデオは、日本の雑誌『ベストカー』が今年初めに発表した噂を裏付けるもので、当初信じられていたようにトヨタのTNGAプラットフォームに切り替えるのではなく、86とBRZの姉妹車が同じプラットフォームに乗ると主張している。おなじみの形状とサイズは、既存のアーキテクチャの更新に向けてポイント, 日産によっていじられた370Zはまた、古い骨のリフレッシュをほのめかしたのと同じように、同じ静脈で.

電力は、おそらく自然吸気 2.4 リットル フラット 4、217 馬力と 177 ポンドフィート (240 ニュートン メートル) のトルクのまだ確認されていないから来ると言われています。これは、現行86のオートマチックバージョンと比較した場合、12馬力と21ポンドフィート(28 Nm)のかなりささやかなバンプと、マニュアルよりも余分な26ポンドフィート(35 Nm)を表すことになります。

新しい86は、重量のビットを追加しながら、その前任者よりもわずかに長く、広く、低くなると言われています。しかし、情報のどれもがこの時点で公式ではないので、塩のことわざのピンチとこれらの詳細を取る。

プロトタイプは、フル生産のボディとライトを搭載しているようで、2021年の発売がもっともらしいことを示唆している。